鳳仙花

講談社文芸文庫
ホウセンカ
  • 電子あり
鳳仙花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小田原の魚屋の息子に生まれたが、文学への夢が捨てきれず家督を弟に譲って上京するも、小説家として一本立ち出来ずに郷里に逃げ帰る。そんな前半生と売れない老残の作家の娼婦との交遊が、地べたを這うような低い視点からの一種の諧謔味をおびた川崎文学をつくりだす。本書は「鳳仙花」「乾いた河」などの代表作のほかに中山義秀との交友を描いた「忍び草」など7篇収録。

目次

  • 故郷の消息
  • 余熱
  • 蝋燭
  • 父島
  • 鳳仙花
  • 忍び草
  • 乾いた河

製品情報

製品名 鳳仙花
著者名 著:川崎 長太郎 解説:川村 二郎
発売日 1998年07月10日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-197625-2
判型 A6
ページ数 260ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1980年3月~7月河出書房新社刊『川崎長太郎自選全集』Ⅰ~Ⅴ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る