晩年の父犀星

講談社文芸文庫
バンネンノチチサイセイ
  • イベント
晩年の父犀星
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和36年夏、軽井沢滞在中の犀星は、軽い胸痛を覚え帰京後入院。翌年春、詩「老いたるえびのうた」を遺して肺癌で逝去。本書は、病臥の父の姿を克明に綴り、最期まで作家の想いを共に生きた娘の鎮魂の書。犀星が晩年に身近に隠し置いた女性2人の存在を明かし、微妙に揺れる娘としての心情を書く「三人の女ひと」併録。

製品情報

製品名 晩年の父犀星
著者名 著:室生 朝子 解説:星野 晃一
発売日 1998年03月10日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-197608-5
判型 A6
ページ数 292ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『晩年の父室生犀星』(1962年10月 講談社刊)の全文に、『父室生犀星』(1971年9月 毎日新聞社刊)の一章「晩年」を「三人の女ひと」と改題の上併録し、構成した