管絃祭

講談社文芸文庫
カンゲンサイ
  • 電子あり
管絃祭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

有紀子の同級生の夏子や直子は、「広島」で爆死した。夏子の妹は、4人の肉親を失う。皆、その後を耐えて生きる。沈潜し耐える時間――。事物は消滅して初めて、真の姿を開示するのではないか、と作者は小説の中で記す。夏の厳島神社の管絃祭で、箏を弾く白衣の人たちの姿は、戦争で消えた「広島」の者たちの甦りの如くに見え、死者たちの魂と響き合う。広島に生まれ育った作家が「広島体験」を描いた、第17回女流文学賞受賞作。


有紀子の同級生の夏子や直子は「広島」で爆死した。夏子の妹は4人の肉親を失う。皆その後を耐えて生きる。沈潜し耐える時間──。事物は消滅して初めて真の姿を開示するのではないか、と作者は小説の中で記す。夏の厳島神社の管絃祭で箏を弾く白衣の人たちの姿は、戦争で消えた「広島」の者たちの甦りの如くに見え、死者たちの魂と響き合う。第17回女流文学賞。

製品情報

製品名 管絃祭
著者名 著:竹西 寛子 解説:川西 政明
発売日 1997年03月10日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-197559-0
判型 A6
ページ数 252ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『管絃祭』(1985年7月 中公文庫)

オンライン書店で見る