「最後の小説」

講談社文芸文庫
サイゴノショウセツゲンダイニホンノエッセイ
「最後の小説」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人は死に向って年をとる、というしみじみした自己認識をもつに至った小説家が、いま自分はこのように生きている、という真撃な現場報告を提示して、1冊の濃密な本とした。「国外で日本人作家たること」「僕自身のなかの死」等、全5章の評論に、戯曲・シナリオ草稿「革命女性」200枚。長篇3部作「燃えあがる緑の木」を構想しつつある作家の“現在”の心の内奥と作家的パフォーマンスの全体像。

製品情報

製品名 「最後の小説」
著者名 著:大江 健三郎 その他:山登 義明
発売日 1994年12月05日
価格 定価:1,282円(本体1,165円)
ISBN 978-4-06-196301-6
判型 A6
ページ数 452ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『最後の小説』1988年5月講談社刊

書店在庫を見る