海にゆらぐ糸・石を積む

講談社文芸文庫
ウミニユラグイトイシヲツム
  • 電子あり
海にゆらぐ糸・石を積む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「時」の制約のうちに生きる人間の命が、白く灼く炎ときらめく、その刹那の輝きの一瞬に、小説のありかをさぐる、大庭みな子。時間の変幻と永遠相が、虹のプリズムを通して綾なすさまを、旧知との交遊のはざまに見出して詩的に定着した『海にゆらぐ糸』川端康成賞受賞の連作と、人の命の収斂するときをいとおしんで描く短篇一作と、放送劇とを収録。


「時」の制約のうちに生きる人間のいのちが、白く灼く炎ときらめくその一瞬に小説のありかをさぐる大庭みな子。時間の変幻と永遠相が虹のプリズムを通して綾なすさまを、旧知との交遊のはざまに見出して詩的に定着した『海にゆらぐ糸』連作(川端賞受賞)と、ひとのいのちの収斂するときをいとおしんで描く短篇1作と放送劇とを収録。

製品情報

製品名 海にゆらぐ糸・石を積む
著者名 著:大庭 みな子 解説:江種 満子
発売日 1993年10月04日
価格 定価 : 本体951円(税別)
ISBN 978-4-06-196245-3
判型 A6
ページ数 302ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 備考参照

オンライン書店で見る