詩礼伝家

講談社文芸文庫
シレイデンカ
  • 電子あり
詩礼伝家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

哀惜の想いで描いた恩師・阿藤伯海への鎮魂歌ーー川端康成とは東大同級で、上田敏令嬢への恋に破れたためか、生涯独身の漢詩人・阿藤伯海。法政教授時代は斎藤磯雄に、太平洋戦争下の昭和16年から19年まで旧制一高教授時代は、著者・清岡を初め、若き三重野日銀総裁、高木中央大学学長らに、多大な影響を与えた、高雅な人格と美意識を生きた文学者。痛切な哀惜の想いで描かれた、清岡卓行の恩師への「鎮魂歌」。

製品情報

製品名 詩礼伝家
著者名 著:清岡 卓行
発売日 1993年07月05日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-196231-6
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文芸文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る