当世凡人伝

講談社文芸文庫
トウセイボンジンデン
  • 電子あり
当世凡人伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なんの変哲もないありふれた人生。独得の語り口で、あるがままに描き出し、したたかに生きる平凡な人々の日常に滲む哀しみを、鮮やかに浮彫りにする、富岡多恵子の傑作短篇集。川端康成文学賞受賞「立切れ」ほか、地方都市で妻と二人ひっそりと暮す退官した警視・松尾文平に纏る「薬のひき出し」、「名前」「ワンダーランド」「幼友達」「富士山の見える家」など12篇の傑作短篇を収録。

製品情報

製品名 当世凡人伝
著者名 著:富岡 多惠子
発売日 1993年06月03日
価格 定価 : 本体951円(税別)
ISBN 978-4-06-196226-2
判型 A6
ページ数 316ページ
シリーズ 講談社文芸文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る