白い航跡(下)

講談社文庫
シロイコウセキ
白い航跡(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

海軍軍医総監となった高木兼寛は、脚気の原因説をめぐり、陸軍軍医部を代表する森林太郎(鴎外)と宿命的な対決をする。実証主義に徹するイギリス医学に則る「白米食説」と、学理を重視するドイツ医学を信奉する「細菌説」の対決であった。この対決は、日清・日露戦争を経て、両者の死後初めて結着した。

製品情報

製品名 白い航跡(下)
著者名 著:吉村 昭
発売日 1994年05月02日
価格 定価:565円(本体514円)
ISBN 978-4-06-185680-6
判型 A6
ページ数 274ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『産経新聞』1989年7月10日~1990年7月4日連載、単行本1991年4月講談社刊行。

書店在庫を見る