男とは何か 父から息子におくる手紙

講談社文庫
オトコトハナニカチチカラムスコニオクルテガミ
著:諸井 薫 解説:林 望 その他:坂川 栄治 デザイン:菊地 信義
男とは何か 父から息子におくる手紙
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「父」は息子に書き遺しておく責任がある!ふり向いてみれば格別他人に誇れるほどの人生ではなかったが、だからこそ後悔を含めて父親は、わが子に手紙を書こう。それはそのまま人生の生きた教科書なのだ。

目次

  • 第一信○なぜ君に手紙を書く気になったか ──はしがきにかえて
  • 第二信○「酒」について
  • 第三信○酒席の接待について
  • 第四信○もう一度、酒について
  • 第五信○恋について
  • 第六信○ビジネスマン・ルック
  • 第七信○新聞の読み方、眺め方
  • 第八信○続・新聞の読み方、眺め方
  • 第九信○男の友情について
  • 第十信○男の「品性」について
  • 第十一信○転職について
  • 第十二信○社内恋愛について
  • 第十三信○「男子一生の事業」とは
  • 第十四信○国際人について
  • 第十五信○公私のけじめについて
  • 第十六信○上司への逆らい方について
  • 第十七信○続・上司への逆らい方について
  • 第十八信○学歴について
  • 第十九信○アポイントメントについて
  • 第二十信○男の昼食について
  • 第二十一信○「女子社員」について
  • 第二十二信○「礼装」について
  • 第二十三信○「馴染みの店」について
  • 第二十四信○サラリーマンの夏休みについて
  • 第二十五信○「早婚」について
  • 第二十六信○続・「早婚」について
  • 第二十七信○「好色」について
  • 第二十八信○「派閥」について
  • 第二十九信○「破滅型」について
  • 第三十信○仕事の「苦楽度」について
  • 第三十一信○国際的ということ
  • 第三十二信○「父親譲り」ということについて
  • 第三十三信○「労組」の仕事について
  • 第三十四信○「一年の計」について
  • 第三十五信○人生の濃密期について

製品情報

製品名 男とは何か 父から息子におくる手紙
著者名 著:諸井 薫 解説:林 望 その他:坂川 栄治 デザイン:菊地 信義
発売日 1994年02月04日
価格 定価 : 本体427円(税別)
ISBN 978-4-06-185602-8
判型 A6
ページ数 236ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 スコラ 1988年8月25日号より1990年3月8日号まで掲載。   単行本は1990年7月、スコラ社より刊行。