社長の器

講談社文庫
シャチョウノウツワ
  • 電子あり
社長の器
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

兄は多国籍企業の総帥、弟は中小企業の2代目社長。冷徹で攻撃型の兄と柔和で温情型の弟。経営理念も器量も異なる兄弟社長が、ことごとくにぶつかりあう。なぜ、確執を続けるのか。経営とは、かくも厳しいのか。2人の経営者が織りなす凄絶な闘いのドラマを通して、社長の器とは何かを考えさせる経済小説。(講談社文庫)


経営理念も器量も異なる兄弟社長の確執! 兄は多国籍企業の総師、弟は中小企業の二代目社長。冷徹、攻撃型の兄と温情家の弟。二人の経営者が織りなす凄絶な闘いのドラマを、迫真の筆致で描く長編経済小説。

目次

  • 第一章 社長急逝
  • 第二章 学生重役
  • 第三章 同族会社
  • 第四章 高度成長
  • 第五章 議員誕生
  • 第六章 合同葬儀
  • 第七章 労働貴族
  • 第八章 内容証明
  • 第九章 民事訴訟
  • 第十章 一陽来復

製品情報

製品名 社長の器
著者名 著:高杉 良
発売日 1992年02月04日
価格 定価:681円(本体619円)
ISBN 978-4-06-184986-0
判型 A6
ページ数 354ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る