マイナス百九十六度の相続人

講談社文庫
マイナス196ドノソウゾクニン
  • 電子あり
マイナス百九十六度の相続人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

京都の色街に育った気鋭の弁護士・藤波清香は、離婚歴あり、一児あり、恋人ありの元気印の女。その清香のもとに、「凍結受精卵による体外受精で生まれた子に、親の財産の相続権はあるのか?」という難問がもちこまれた。飛行機事故で不慮の死をとげた両親が残した、巨億の遺産。ときには芸妓姿で情報をとる、清香の艶姿。

製品情報

製品名 マイナス百九十六度の相続人
著者名 著:和久 峻三
発売日 1991年07月04日
価格 定価 : 本体447円(税別)
ISBN 978-4-06-184954-9
判型 A6
ページ数 258ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 収録作品

オンライン書店で見る