漂泊の楽人

講談社文庫
ヒョウハクノガクジン
漂泊の楽人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

妹・肇子の縁談をよろこぶべき兄が死んだ。俺が死ぬようなことがあったらワープロでフルネームを打ってくれ、と言い遺して。涙の渇くまもなく、今度は母が殺された。ワープロに残されていたのは新潟の一地方、月潟村の風土誌。浅見光彦は肇子とともに、謎をひもとくために母の生地、月潟村を訪れるが……。(講談社文庫)


消されたワープロを追う浅見光彦の名推理。失職した兄が良縁にとまどう肇子に謎の言葉を遺して死んだ。愛用のワープロでフルネームを打ち出してくれという。だがそこには月潟村の記事があるだけだった。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 駿河湾殺人事件
  • 第二章 奇妙な盗難
  • 第三章 月潟村異聞
  • 第四章 越後妻有郷にて
  • 第五章 五人の邪鬼
  • 第六章 消えそこなった幽霊
  • エピローグ

製品情報

製品名 漂泊の楽人
著者名 著:内田 康夫
発売日 1991年07月04日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-184938-9
判型 A6
ページ数 312ページ
シリーズ 講談社文庫