逆光のなかの女

講談社文庫
ギャッコウノナカノオンナ
著:落合 恵子 装丁:菊地 信義 装画:宇野 亜喜良 解説:権田 萬治
逆光のなかの女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

社会の不正と闘う、女の愛と復讐のドラマ!東都工科大工学部長園田に、一通の手紙が届いた。あなたは実は胃癌だという。同じように帝日自動車社長古畑に、博英出版常務溝口にも…差出し人は?その目的は?

1通の手紙が運ぶ恐怖の芽。愛のサスペンス

「あなたは癌です。クリニックの検査表は偽りです」という手紙が届いた。1通は大学学部長に、1通は会社社長に、もう1通が出版社重役に。同じ頃「メリークリスマス!クルシミナサイ」というカードが若い女性編集者に届く。誰が、何のために? 小指の爪ほどの恐怖の芽が、根を張り枝を広げ、平穏な日常を侵してゆく…愛と復讐のサスペンス。

製品情報

製品名 逆光のなかの女
著者名 著:落合 恵子 装丁:菊地 信義 装画:宇野 亜喜良 解説:権田 萬治
発売日 1988年04月15日
価格 定価:395円(本体359円)
ISBN 978-4-06-184151-2
判型 A6
ページ数 252ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る