築山殿無残

講談社文庫
ツキヤマドノムザン
著:阿井 景子 解説:武蔵野 次郎 その他:松本 清張 装丁:菊地 信義 装画:百鬼丸
  • 電子あり
築山殿無残
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

養父・今川義元の命で、家康に嫁いだ瀬名姫は、一子・信康をもうけ、築山殿と呼ばれた。今川、織田、徳川一門の確執を背景に、家康は、信長の女を信康の正室に迎えた。渦まく政略の中の嫁姑の葛藤、今川崩壊、信康切腹、築山殿刺殺! 時の歪みに翻弄される戦国女人の哀れを、史料を駆使し鮮やかに描く、本格歴史小説。松本清張氏も絶賛した「築山殿刺殺事件」の真実!

製品情報

製品名 築山殿無残
著者名 著:阿井 景子 解説:武蔵野 次郎 その他:松本 清張 装丁:菊地 信義 装画:百鬼丸
発売日 1986年11月14日
価格 定価:350円(本体318円)
ISBN 978-4-06-183863-5
判型 A6
ページ数 244ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る