信濃デッサン館日記

講談社文庫
シナノデッサンカンニッキ
  • 電子あり
信濃デッサン館日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

絵に向かい、語りかけてくる言葉に耳を傾け、対話しつつ、自己を省察する随筆集。信濃を流連彷徨した夭折画家・村山槐多、関根正二らの青春の葛藤を想い、みずからの親さがし絵さがしの旅と重ねて、「相寄る心」の軌跡をつづる。塩田平の丘にたつ美術館の四季折々と訪う人々との交情が、心象風景のように拡がる。

製品情報

製品名 信濃デッサン館日記
著者名 著:窪島 誠一郎 装丁:田中 孝道
発売日 1986年10月15日
価格 定価:440円(本体400円)
ISBN 978-4-06-183777-5
判型 A6
ページ数 266ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る