牡丹の庭

講談社文庫
ボタンノニワ
著:芝木 好子 解説:川西 政明 装丁:菊地 信義 装画:荻 太郎
  • 電子あり
牡丹の庭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

後添いとして14も年上の男に嫁いだ彰子は、家にも、夫と息子の日々の習慣にも色濃く残る先妻の幻影に怯え、とりわけ彼女が丹精した牡丹の庭に憎悪すら覚えるようになった。後妻に入った女性の微妙な心のゆらめきと翳りを、柔らかな筆で繊細に描く表題作はじめ、「白い打掛」「隅田川べり」など、女性のさまざまな生き方を情感溢れる筆致でとらえた7編を収録。清冽な抒情で心理の襞を描く純文学短編集。

製品情報

製品名 牡丹の庭
著者名 著:芝木 好子 解説:川西 政明 装丁:菊地 信義 装画:荻 太郎
発売日 1985年12月09日
価格 定価:385円(本体350円)
ISBN 978-4-06-183640-2
判型 A6
ページ数 188ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る