戦中派不戦日記

講談社文庫
センチュウハフセンニッキ
著:山田 風太郎 解説:橋本 治 装丁:岸 顯樹郎
戦中派不戦日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

連日のように続く空襲、人類初の原爆体験、無条件降伏、終戦直後の異常な混乱と進駐軍の上陸……日本への憂情と青春の鬱屈をかかえた1人の医学生がかつてないドラマチックな年、昭和20年1年間の体験を克明に記録した日記。歴史の激動の中を懸命に貪欲に生きる庶民の生活史としても貴重な資料である。

目次

  • まえがき
  • 一 月
  • 二 月
  • 三 月
  • 四 月
  • 五 月
  • 六 月
  • 七 月
  • 八 月
  • 九 月
  • 十 月
  • 十一月
  • 十二月
  • あとがき

製品情報

製品名 戦中派不戦日記
著者名 著:山田 風太郎 解説:橋本 治 装丁:岸 顯樹郎
発売日 1985年08月08日
価格 定価:838円(本体762円)
ISBN 978-4-06-183612-9
判型 A6
ページ数 542ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る