開かない花

講談社文庫
ヒラカナイハナ
著:黒岩 重吾 解説:武蔵野 次郎 装丁:菊地 信義 装画:浜野 彰親
  • 電子あり
開かない花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学生運動に熱中し、中小企業に就職後も労働運動をしてクビになり、会員制クラブのマネージャーになった津村の前に現われた悠子は、悲しい運命の女であった。男から男を転々としながら彼女が求めていたものは、いったい何であっただろう。美女の奇妙な行動に秘められた悲劇。両親から受けついだ自分の血を呪いながら……。という表題作など、傑作6編を収録。現代社会をたくましく生きる庶民の男と女のバイタリティを描いた、興味尽きない1冊。

製品情報

製品名 開かない花
著者名 著:黒岩 重吾 解説:武蔵野 次郎 装丁:菊地 信義 装画:浜野 彰親
発売日 1984年09月10日
価格 定価 : 430円(税込)
ISBN 978-4-06-183382-1
判型 A6
ページ数 326ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る