死者の木霊

講談社文庫
シシャノコダマ
死者の木霊
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

バラバラ死体が発見されたのは、信州の小京都、飯田市郊外の松川ダム。叔父甥間の借金がらみの単純な殺人事件と見た捜査本部は「犯人」の自殺が確認された時点で解散した。だが、この事件の背後に不自然なものを直感した飯田署竹村巡査部長は執拗に事件に喰らいついていく。大型本格社会派のデビュー作。(講談社文庫)


バラバラ死体が発見されたのは、信州の小京都、飯田市郊外の松川ダム。叔父甥間の借金がらみの単純な殺人事件と見た捜査本部は「犯人」の自殺が確認された時点で解散した。だが、この事件の背後に不自然なものを直感した飯田署竹村巡査部長は執拗に事件に喰らいついていく。大型本格社会派のデビュー作。

目次

  • プロローグ
  • 松川ダム
  • 刑事たち
  • 秋霖前線
  • 霧の挽歌
  • 白鳥の死
  • 第五の死者
  • 遠き木霊
  • 崩れる
  • エピローグ

製品情報

製品名 死者の木霊
著者名 著:内田 康夫 解説:中島 河太郎
発売日 1983年12月08日
価格 定価:649円(本体590円)
ISBN 978-4-06-183135-3
判型 A6
ページ数 378ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る