雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
セッカニサイタニチリントクスリヤタンテイヨウキダン
雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

海からの悲鳴、海面を歩く人影の出現。その時、殺人は起きる!
“薬屋探偵妖綺談”シリーズ第12弾!

父が購入を決めた洋館に悲鳴をあげながら、橋のない海面を歩く妖怪がいる。少女から調査依頼を受け、館のお披露目会に参加した薬屋探偵達。断崖絶壁に建ち、館主自殺という悲しい過去があるこの館で彼らは目撃する、立ち入り不可能な崖下からの悲鳴と吊り橋で起きた奇妙な殺人事件を。これは妖(あやかし)の仕業なのか?探偵達が謎に挑む。薬屋“ファンタジー”第12弾登場!

製品情報

製品名 雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2005年03月09日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-182422-5
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る