蝉の羽 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
セミノハネクスリヤタンテイヨウキダン
蝉の羽 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

楽園は、想像力の数だけ存在する。

植物に取り憑かれたかのような、不可解な姿を晒す遺体。寂れた山村で連続して起こる事件の真犯人は? 妖(あやかし)の仕業か、まやかしか。真相を突きとめるべく依頼を受けた、秋、座木(くらき)、リザベルの薬屋三人組が現地で見たものは!? 人は容易(たやす)く孤独に馴れる。しかし楽園は、想像力の数だけある。シリーズ、節目の第10弾!

製品情報

製品名 蝉の羽 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2003年08月08日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-182327-3
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る