双樹に赤 鴉の暗 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
ソウジュニアカカラスノクロクスリヤタンテイヨウキダン
双樹に赤 鴉の暗 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「大切なのは、自分が己の正義を裏切らないこと」(秋)

悪戯好きの子鬼、カブとアル。うだつの上がらないサラリーマン・唐沢は、揶揄(からか)われながらも2人との同居に幸せを感じ始める。一方、上流坂署刑事・高遠は、貴金属店泥棒自殺事件の報告書を纏めるうち、得体の知れない蟠り(わだかまり)を覚え……。時は移ろい、事件は繰り返されようと、変わらぬ真実もある。薬屋シリーズ第9弾!

製品情報

製品名 双樹に赤 鴉の暗 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2002年10月07日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-182278-8
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る