蒼い千鳥 花霞に泳ぐ 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
アオイチドリハナガスミニオヨグクスリヤタンテイヨウキダン
蒼い千鳥 花霞に泳ぐ 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

呵責(かしゃく)の想いと空転する涙は、味わい尽くし果てたとき、しゃぼんとなって泡消えた。

「灰色の木を金色に戻す薬を下さい」――人知外れた妖(あやかし)の、悪業に見舞われし迷い子が、救いを求めて囁く呪文。1994年、秋がまだ火冬(かふゆ)と名乗っていた頃、座木(くらき)は高校に入学し言波(ことは)という少年と出会い、火冬は1人の女子高生から呪文を告げられる。2人の裏に潜むのは、呵責の想いと空転する涙。桜花乱れ散る第8弾!

製品情報

製品名 蒼い千鳥 花霞に泳ぐ 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2002年04月05日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-182243-6
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る