本当は知らない 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
ホントウハシラナイクスリヤタンテイヨウキダン
本当は知らない 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「罪を悔いるとは、非や汚点を己の一部と認める事」(座木)
“薬屋探偵妖綺談”シリーズ第7弾!

「退屈凌ぎではない、映画の様な人生を」。このメールを受け取って、ネット上から消えた8人の謎を追う車谷エリカと道長円。病院から失踪した11人を調査する座木(くらき)とリベザル。4人の惨殺事件を捜査する高遠と葉山。3つの事件が絡み合い錯綜するなか、傍観を決め込む秋だが……。加速する高里ワールド、堂々第7弾!

目次

  • プロローグ
  • 第一章 邂逅
  • 第二章 変事
  • 第三章 浸蝕
  • 第四章 動揺
  • 第五章 具現
  • 第六章 真偽
  • エピローグ

製品情報

製品名 本当は知らない 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2001年08月06日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-182198-9
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る