篠婆 骨の街の殺人

講談社ノベルス
ササバホネノマチノサツジン
篠婆 骨の街の殺人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

出入り不可能なローカル線の車内に死体が!?
陶芸の窯の中から突如、出現した人骨!

忘れられた街・篠婆に伝わる正体不明の名陶。鹿頭勇作(しがしらゆうさく)は、ここを舞台にミステリを書こうとローカル線に乗った。ところが、出入り不可能な走行中の列車内に男の死体が……乗客は、被害者と勇作のみ。一方、窯の中から人骨が発見された、篠婆陶杭焼(ささばすえくいやき)の因縁の歯車がまわりはじめた。
天才山田正紀の新シリーズ第1弾。

製品情報

製品名 篠婆 骨の街の殺人
著者名 著:山田 正紀
発売日 2001年10月05日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-182187-3
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る