白兎が歌った蜃気楼 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
ハクトガウタッタシンキロウクスリヤタンテイヨウキダン
白兎が歌った蜃気楼 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自由を求める座敷童子と、目的の見えない殺意のドミノ。

真冬の雪浜家。屋敷内の不穏な空気に、依頼を受けて訪れた、深山木秋、座木(くらき)、リベザルが見たものは?涸井戸の出火が口火となり、雪浜家の人間に次々と襲いかかる殺意。しかし秋には、殺意の目的が見えてこない。村人が信じる“座敷童子伝説”は、フェイクなのか?手がかりか?心を震わす、シリーズ第6弾!

製品情報

製品名 白兎が歌った蜃気楼 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2001年02月06日
価格 定価 : 本体1,030円(税別)
ISBN 978-4-06-182171-2
判型 新書
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る