黄色い目をした猫の幸せ 薬屋探偵妖綺談

講談社ノベルス
キイロイメヲシタネコノシアワセクスリヤタンテイヨウキダン
黄色い目をした猫の幸せ 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

――それは何の変哲もない、ただの箱に見えた。幾分、湿った感触の、大きめの段ボール箱。湿っているのは昨日の雨のせいだと思った。だが開けた瞬間、そんな考えは消しとんだ。中にあったのは遺体だった。首も手足も切り落とされた、血塗(ちまみ)れの子供の遺体だった……。おなじみ「深山木薬店」の3人が恐怖の事件の謎に挑む!!

著者のことば――もしかすると貴方の隣の席に……などと、それは言い過ぎだとしても、貴方が1日に会うあらゆる人達の中に、最低1人は人間でない生き物が紛れていることでしょう。しかし特別、だからどうという訳ではありません。ここはそういう世界なのです。ただ、それだけです。

製品情報

製品名 黄色い目をした猫の幸せ 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 1999年07月06日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-182084-5
判型 新書
ページ数 316ページ
シリーズ 講談社ノベルス

書店在庫を見る