殉死の構造

講談社学術文庫
ジュンシノコウゾウ
殉死の構造
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

主君を追って死を選んだ武士の心情とは? 殉死は献身の道徳、忠誠心ゆえの行為だったのか。『阿部一族』の事件を契機に、近世武家社会の殉死者たちの行動を丹念に考証し、意外な殉死の本質を抉り出す。

目次

  • プロローグ 殉死と忠誠心
  • 1 阿部一族の悲劇
  • 2 情死としての殉死
  • 3 細川忠利の殉死者
  • 4 細川忠興と光尚の殉死者
  • 5 伊達政宗の殉死者
  • 6 下層の殉死者たち
  • 7 殉死者とかぶき者
  • 8 「忠臣蔵」の本質
  • 9 武士道の成立事情
  • エピローグ 殉死解釈にみる死生観の転換

製品情報

製品名 殉死の構造
著者名 著:山本 博文
発売日 2008年09月12日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-159893-5
通巻番号 1893
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1994年、弘文堂より刊行

書店在庫を見る