ゴンチャローフ日本渡航記

講談社学術文庫
ゴンチャローフニホントコウキ
ゴンチャローフ日本渡航記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ロシア文豪の眼に映る幕末日本の庶民の姿 会談ともてなしの風景

1853年8月、通商を求めるプチャーチン提督の秘書官として長崎に来航したゴンチャローフ。通詞を介しての奉行とのやりとり、さらに幕府全権・筒井政憲、川路聖謨らとの交渉が進められてゆく。傑作『オブローモフ』作者の目に、日本の風景、文化、庶民や役人の姿はどう映ったのか。鋭い観察眼と洞察力にユーモアを交え、芸術的に描かれる幕末模様。

日本人の間には2、3人の老人たちもいた。彼らは股引をはいていた。つまり、彼らの両足は上の方まで青い布地で包まれ、みんな同じ脚絆をつけ草鞋をはいていた。短い合羽もまた青色であった。「これは一体どういう連中ですか」とたずねると、「兵卒たちです」という。兵卒だと!わが国でいう兵卒とは、まるで正反対の思いもよらない代物である。――<本書より>

※本書は1969年刊『ゴンチャローフ日本渡航記』雄松堂出版を底本としました。

目次

  • 第1章 小笠原諸島
  • 第2章 1853年末と1854年初頭の日本におけるロシア人(その1)
  • 第3章 1853年末と1854年初頭の日本におけるロシア人(その2)
  • 第4章 琉球諸島

製品情報

製品名 ゴンチャローフ日本渡航記
著者名 著:イワン.アレクサンドロヴィチ・ゴンチャローフ 訳:高野 明 訳:島田 陽
発売日 2008年07月12日
価格 定価:1,375円(本体1,250円)
ISBN 978-4-06-159867-6
通巻番号 1867
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1996年刊「ゴンチャローフ日本渡航記」雄松堂出版、を底本とした。

書店在庫を見る