関ヶ原合戦  家康の戦略と幕藩体制

講談社学術文庫
セキガハラカッセンイエヤスノセンリャクトバクハンタイセイ
  • 電子あり
関ヶ原合戦  家康の戦略と幕藩体制
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

秀吉没後、混沌とする天下掌握への道筋。豊臣政権内部で胚胎した諸問題はやがて家康と三成の2大勢力形成へと収斂してゆく。東西に分かれた両軍が衝突する慶長5年9月15日。戦いはどのように展開したのか。関ヶ原に未だ到着しない徳川主力の秀忠軍、小早川秀秋の反忠行動、外様大名の奮戦、島津隊の不思議な戦いなど、天下分け目の合戦を詳述。(講談社学術文庫)


天下分け目の合戦は以下に展開されたのか。豊臣政権内部の主導権争い、家臣団の角逐、統治姿勢の対立。秀吉没後、家康・三成の二大勢力はいかに形成されたのか。両軍の布陣・戦いの経緯はどうだったのか。

目次

  • 第1章 豊臣政権とその崩壊
  • 第2章 三成挙兵
  • 第3章 関ヶ原の合戦――慶長5年9月15日
  • 第4章 戦後処理――征夷大将軍任官の政治的文脈
  • 第5章 むすびに――関ヶ原合戦の歴史的意義

製品情報

製品名 関ヶ原合戦  家康の戦略と幕藩体制
著者名 著:笠谷 和比古
発売日 2008年01月11日
価格 定価 : 本体1,070円(税別)
ISBN 978-4-06-159858-4
通巻番号 1858
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:本書の原本は、1994年2月、「講談社選書メチエ」として小社から刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る