世界の法思想入門

講談社学術文庫
セカイノホウシソウニュウモン
  • 電子あり
世界の法思想入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界には様々な法体制が併存する。それらは相互に影響しあい形成されてきた。本書は西欧法思想を唯一普遍とする認識を見直し、非西欧の法思想にも目を向ける。ローマ法の源流であるユダヤ法、アラブ民族以外にも普及した包容性をもつイスラム法、一元的原理がなく西欧法移植に成功した日本法。多様な法思想を固有の歴史や文化に絡めて紹介、比較し、西欧法思想の特殊性を炙り出す。(講談社学術文庫)


常識を覆す、西欧法偏重の法思想観への挑戦。西欧法の普遍性と特殊性とは? イスラム・中国など非西欧圏の法思想とは? 諸法思想を固有の歴史と文化に絡めて紹介、比較し、西欧法思想を批判的に再評価する。

目次

  •  序論 法思想論の現代的課題
  • 第1編 西欧法思想の西欧性
  •  序章 西欧法思想の特徴と歴史
  •  第1章 西欧法思想の源流
  •  第2章 西欧法思想の成立
  •  第3章 西欧法思想の展開
  •  第4章 西欧法思想の相対化
  • 第2編 非西欧法文化の法思想
  •  序章
  •  第1章 ユダヤ法思想
  •  第2章 イスラム法思想
  •  第3章 ヒンドゥー法思想と仏教法思想
  •  第4章 中国法思想
  •  第5章 日本法思想
  •  第6章 固有法思想
  •  結論 諸法思想の比較的特徴

製品情報

製品名 世界の法思想入門
著者名 著:千葉 正士
発売日 2007年10月12日
価格 定価:1,210円(本体1,100円)
ISBN 978-4-06-159842-3
通巻番号 1842
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1986年日本評論社より刊行された「要説・世界の法思想」を改題し文庫化。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る