竈神と厠神 異界と此の世の境

講談社学術文庫
カマドガミトカワヤガミイカイトコノヨノサカイ
竈神と厠神 異界と此の世の境
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

かつて日本家屋の暗い領域に存在した イエの神の民俗学

土間の柱に異形の面を取り付け、火難よけや家の守護神として祀られた竃神(かまどがみ)。偶像化はされず、精霊的な存在として河童譚や出産の習俗などと深く結びついた厠神(かわやがみ)。日本家屋の暗所に祀られたこれらの神々は、生死や新旧を転換する強力な霊威をもち、此の世と霊界との出入口に宿った。昔話や儀礼、禁忌など伝承を博捜し、家つきの神の意味と役割を探る。

本書は、竃神、厠神、納戸神といった民家の私的領域に祀られている屋内神を中心に考察したもので、(略)日本の民俗社会では、生命や富、豊穣といったものが一体どこからやってくると考えてきたのかという世界観や宇宙観の問題を、屋内神を事例に論じたものともいうことができる。その背景にある基本的な考え方の一つが(略)民家の奥、裏、土間、天井などの私的な暗い領域には神秘的な神霊が宿っているという伝統的な日本人の信仰であった。――<「学術文庫版あとがき」より>

目次

  • 1
  • 第1章 竈神の象徴性――生と死の媒介者
  • 第2章 金工と錬金術
  • 第3章 家と火――竈・イロリの火を中心に
  • 第4章 産屋の火――火の媒介機能を中心に
  • 第5章 イロリをめぐる習俗――裸回りの深層
  • 2
  • 第1章 厠考――異界としての厠
  • 第2章 厠と化粧――変身のフォークロア
  • 第3章 黄金と糞便のフォークロア
  • 3
  • 第1章 オタナサマ信仰の周辺――東北地方の家の神信仰を中心に
  • 第2章 オタナサマの性格
  • 第3章 年徳神と疱瘡神
  • 4
  • 第1章 庚申信仰試論――転換の論理としての庚申
  • 第2章 橋の民族
  • 第3章 柿の民族
  • 第4章 狐の民族――「狐に化かされた話」を中心に
  • 第5章 狐火とミカワリ婆さん

製品情報

製品名 竈神と厠神 異界と此の世の境
著者名 著:飯島 吉晴
発売日 2007年09月12日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-159837-9
通巻番号 1837
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:本書の原本は1986年3月、人文書院より刊行。

書店在庫を見る