日本神話の源流

講談社学術文庫
ニホンシンワノゲンリュウ
  • 電子あり
日本神話の源流
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太平洋の海洋文化圏、中国・朝鮮半島の遊牧・農耕文化圏、北方狩猟文化圏と接する日本列島。先史時代より、いくつもの波のように日本に到来した人々がいた。我々のルーツはどこなのか。日本神話は、東南アジア地域ばかりか、印欧語族の古神話と、同一の構造を備えていることも明らかになった。日本神話の起源・系統、その全体構造や宗教的意味を、比較神話学で徹底的に解読する。(講談社学術文庫)


神話に秘められた民族移動と文化伝播の記憶。日本文化は「吹溜まりの文化」である。北・南・西の三方向から日本に移住した民族、伝播した文化。大陸、南方諸島、北方文化の混淆の痕跡を日本神話の中に探る。

目次

  • 第1章 なぜ日本神話を比較研究するか
  • 第2章 南洋との比較
  • 第3章 神の殺害と農耕の起源
  • 第4章 東南アジアとの比較
  • 第5章 ギリシア、スキュタイとの比較
  • 第6章 日本神界の三機能的構造

製品情報

製品名 日本神話の源流
著者名 著:吉田 敦彦
発売日 2007年05月11日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-159820-1
通巻番号 1820
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:1975年、講談社より刊行された『日本神話の源流』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る