科学とオカルト

講談社学術文庫
カガクトオカルト
  • 電子あり
科学とオカルト
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ニュートンもケプラーも錬金術師だった。客観性を謳う科学の登場は、たかだか数百年前のことである。近代産業社会が、オカルト理論に公共性を要請した時、秘術は「近代科学」として生まれ変わった。「万能の学=科学」と現代オカルトは、原理への欲望とコントロール願望に取り憑かれ、どこまで行くのだろうか。社会と科学とオカルトの三者の関係を探究し、科学の本質と限界に迫る。(講談社学術文庫)


科学の本質と歴史を裏側からあぶりだす! 社会、科学、オカルト。この3つにはどんな関係があるのか? 客観的な科学の登場は、たかだか数百年前のことである。科学史の視点から、科学の本質を探る論考。

目次

  • 第1章 科学の起源
  • 第2章 オカルトから科学へ
  • 第3章 科学の高度化と専門化
  • 第4章 科学が説明できることと説明できないこと
  • 第5章 心の科学とオカルト
  • 第6章 現代オカルトは科学の鏡である
  • 第7章 カルトとオカルト
  • 第8章 科学とオカルトの未来

製品情報

製品名 科学とオカルト
著者名 著:池田 清彦
発売日 2007年01月12日
価格 定価:836円(本体760円)
ISBN 978-4-06-159802-7
通巻番号 1802
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1999年にPHP研究所から刊行された『科学とオカルト』に加筆・修正を加えて文庫化。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る