みちの辺の花

講談社学術文庫
ミチノベノハナ
みちの辺の花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カラー版 花への恋情あふれる画文集

春、夏、秋、冬、日本の四季のうつろいを彩る花々、
みちの辺でふと出会う野の花、山の花。蕗の薹(ふきのとう)、蛍袋、藤袴、吾亦紅(われもこう)など可憐に咲く草の花。山茱萸(さんしゅゆ)、梅花空木(ばいかうつぎ)、黒芽柳など野趣に富む木の花。季ごとに届けられる花を美しい色彩で詩情豊かに描き、また、愛する花へのあふれる思いを綿々と綴ってゆく。身近で秘やかに咲く花への恋情こもる画文集。

山野の路傍にこの花を見つけて、「しばらく」と声をかけても、しょんぼりうつむいてだまっている。思いのほか無愛想だから、長く立ちどまって見とれるほど気を惹かない。名のおかげで、ずいぶん得をしている。一抹の幼ごころをよみがえらせ、ほんの一時にせよ、人をいわば詩人に変える魔法が、ほたるぶくろという呼び名にはひそんでいる。――<本書「蛍袋」より>

目次

  • 季のめぐり 1
  •  <春> 水仙(すいせん)
  •        黒芽柳(くろめやなぎ)
  •        蕗の薹(ふきのとう)
  •        太郎冠者(たろうかじゃ)
  •  <夏> 菖蒲(あやめ) 杜若(かきつばた)
  •        宝鐸草(ほうちゃくそう)
  •  <秋> 撫子(なでしこ)
  •        節黒仙翁(ふしぐろせんのう) 時鳥草(ほととぎす)
  •        三葉木通(みつばあけび)
  •        嵯峨菊(さがぎく)
  •  <冬> 金盞花(きんせんか)
  •        千両(せんりょう)
  • 季のめぐり 2
  •  <春> 山茱萸(さんしゅゆ)
  •        接骨木(にわとこ)
  •        桃(もも)
  •        山査子(さんざし)
  •  <夏> 鈴蘭(すずらん)
  •        梅花空木(ばいかうつぎ)
  •        蛍袋(ほたるぶくろ)
  •  <秋> 吾亦紅(われもこう)
  •        葛(くず)
  •        藤袴(ふじばかま)
  •  <冬> 寒菊(かんぎく)
  •        茅(ちがや) 朮(おけら)

製品情報

製品名 みちの辺の花
著者名 文:杉本 秀太郎 絵:安野 光雅
発売日 2006年09月08日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-159782-2
通巻番号 1782
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:本書の原本は1994年5月に小社から刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス