民藝とは何か

講談社学術文庫
ミンゲイトハナニカ
  • 電子あり
民藝とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「民藝」とは、民衆が日常に使う工藝品である。民家、民具、民画を総称して「民藝」と呼ぶ。「民藝品たること」と「美しく作りたること」には、固い結縁があり、質素こそが慕わしい徳である。このように清貧の美を説いた筆者の理念とは? 昭和の初頭に創始され、現在にまで受けつがれる「民藝運動」の精髄を知るための格好の入門書。(講談社学術文庫)


民家、民具、民画、民器……
日常生活の中にある「下手(げて)の美」の発見

「民藝」とは、民衆が日常に使う工藝品である。民家、民具、民画を総称して「民藝」と呼ぶ。「民藝品たること」と「美しく作りたること」には、固い結縁があり、質素こそが慕わしい徳である。このように清貧の美を説いた筆者の理念とは?昭和の初頭に創始され、現在にまで受けつがれる「民藝運動」の精髄を知るための格好の入門書。

目次

  • 民藝とは何か
  •  第1篇 なぜ民藝に心を惹かれているか
  •   1.民藝とはいかなる意味か
  •   2.何故特に民藝が論ぜられねばならぬか
  •   3.誰が民藝の美を最初に認めたか
  •   4.私達は民藝の美に盲目であっていいか
  •   5.何故私達に民藝の美が認識されるに至ったか
  •  第2篇 民藝から何を私が学び得たか
  •   1.民藝の美はいかなる世界を示しているか
  •   2.誰の手から民藝の美が生れたか
  •   3.民藝の美は何故健全なるか
  •   4.安い民藝が何故美しくなるか
  •   5.正しい民藝はいかなる社会から起ったか
  • 美の国と民藝
  • 日本民藝館について
  • 民藝の性質
  • 挿絵小註
  • Nature of Folk-crafts(英文)

製品情報

製品名 民藝とは何か
著者名 著:柳 宗悦
発売日 2006年09月08日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-159779-2
通巻番号 1779
判型 A6
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社学術文庫

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る