清国文明記

講談社学術文庫
シンコクブンメイキ
清国文明記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

儒教精神が息づく清朝末期の中国を歩く

清王朝末期、儒教精神と伝統が息づく古き佳き中国。漢学の泰斗が、少壮時、留学先から両親に手紙を綴る。対聯(ついれん)、飛鳥技(ひちょうぎ)、辻々の物売りなど庶民の生活の様子や迎春の準備、上元節、打鬼(タークイ)などの四時の行事も紹介。また、雍和宮、十三陵、万里の長城といった名勝や曲阜(きょくふ)、長安、蘇州などの儒教ゆかりの史蹟・陵墓を歴訪。漢文調の流麗な名文で辛亥革命直前の中国が髣髴と甦る。

【曲阜聖廟】 廟庭の中央に杏壇がある。孔夫子道を説き給いし処と称す。……歩して東階より上る。大成殿は輪焉たり奐焉たり、荘厳典雅を極む。楣間に扁額あり、題して生民未有と云う。鞠躬如として堂に上れば、見よ正面には聖人在せり。王冠を戴き袞龍の御衣を着して端座し給い、眉目の間には無限の仁愛を表わし、口には笑みを含み、循々として教えを垂れ給うが如し。――<本書「山東紀行」より>

目次

  • 1 最初の瞥見
  • 2 天津
  • 3 北京に入る
  • 4 北京城
  • 5 北京の雑観
  • 6 飛鳥技
  • 7 芝居
  • 8 蒙古来
  • 9 百果粥
  • 10 竈祭
  • 11 迎春の準備
  • 12 北京の除夜
  • 13 北京の元旦
  • 14 上元節
  • 15 打鬼
  • 16 北京の四時
  • 17 遼・金の土城
  • 18 カムバリック
  • 19 北京の名勝
  • 20 北京近郊の名勝
  • 21 山東紀行
  • 22 長安紀行
  • 23 長沙紀行
  • 24 武漢の名勝
  • 25 南京の名勝
  • 26 鎮江
  • 27 蘇州
  • 28 杭州
  • 29 中国の家族制度
  • 30 結婚の話
  • 31 中国の社会事業
  • 32 革命と中国国民思想
  • 33 中国国民性論

製品情報

製品名 清国文明記
著者名 著:宇野 哲人
発売日 2006年05月12日
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN 978-4-06-159761-7
通巻番号 1761
判型 A6
ページ数 376ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る