幕末遣欧使節団

講談社学術文庫
バクマツケンオウシセツダン
  • 電子あり
幕末遣欧使節団
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

攘夷の嵐が吹き荒れる幕末。先に欧米に約した開市開港の実施延期を要請するため、幕府はヨーロッパに使節団を派遣した。文久二年、総勢三十八名のサムライたちは、西洋事情調査の命をも受けて、仏・英・蘭・露など六ヵ国を歴訪。一年にも及ぶ苦難と感動に満ちたこの旅を、彼らの日記や覚書、現地の新聞・雑誌の記事等をもとに、立体的に復元する。(講談社学術文庫)


38人のサムライ達の苦難と感動に満ちた旅文久2年、開港延期交渉の命を受け、欧州6ヵ国を歴訪した幕府の使節団。その一年余の旅を、日記や現地の新聞・雑誌等の記事をもとに立体的に復元、追体験する。

目次

  • 第1章 渡航
  • 第2章 フランス入り
  • 第3章 イギリスへ
  • 第4章 オランダ滞在記
  • 第5章 プロシア(ベルリン)
  • 第6章 ロシア(ペテルブルグ)
  • 第7章 最終訪問国ポルトガル
  • 第8章 帰航
  • 第9章 使節の歴史的評価

製品情報

製品名 幕末遣欧使節団
著者名 著:宮永 孝
発売日 2006年03月12日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-159753-2
通巻番号 1753
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:1989年6月、新潮社より刊行された『文久二年のヨーロッパ報告』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る