呂氏春秋

講談社学術文庫
リョシシュンジュウ
  • 電子あり
呂氏春秋
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国末期、若き始皇帝の宰相として秦の百官を統率し、全国から3千の賓客を招集した呂不韋(りょふい)。彼が諸国に対抗し、秦の国力と文化の向上をめざし秀れた上客と編集した『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』は、「天下万物古今の事」を備えたいわば百科全書だった。長寿の秘訣、人物の見分け方から殷の湯王、周の武王の故事によった王者への道など、古代中国の英知の結晶を読み解く。(講談社学術文庫)


秦の宰相、呂不韋が作らせた人事教訓の書。始皇帝の宰相呂不韋と賓客三千人が編集した『呂氏春秋』は天地万物古今の事を備えた大作。天道と自然に従い人間行動を指示した内容は中国の英知を今日に伝える。

目次

  • 1 春の節
  • 2 夏の節
  • 3 秋の節
  • 4 冬の節

製品情報

製品名 呂氏春秋
著者名 著:町田 三郎
発売日 2005年01月08日
価格 定価:1,353円(本体1,230円)
ISBN 978-4-06-159692-4
通巻番号 1692
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:『中国の古典 呂氏春秋』1987年7月小社刊を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る