古代朝鮮

講談社学術文庫
コダイチョウセン
  • 電子あり
古代朝鮮
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

檀君神話、広開土王陵碑、任那日本府、白村江の戦いと唐との戦争――。中国・日本との軋轢と協調を背景に統一への歩を進めた古代の朝鮮。旧石器時代から統一新羅の滅亡までの朝鮮半島の政治・社会・文化とはどのようなものだったのか。『三国史記』『三国遺事』をはじめとする文献類の精査によって、その実像を鮮やかに復元した古代朝鮮史研究の傑作。(講談社学術文庫)


古朝鮮、三国時代、そして統一新羅へ
激動の朝鮮半島を生きた人々の歴史

檀君神話、広開土王陵碑、任那日本府、白村江の戦いと唐との戦争――。中国・日本との軋轢と協調を背景に統一への歩を進めた古代の朝鮮。旧石器時代から統一新羅の滅亡までの朝鮮半島の政治・社会・文化とはどのようなものだったのか。『三国史記』『三国遺事』をはじめとする文献類の精査によって、その実像を鮮やかに復元した古代朝鮮史研究の傑作。

“日本”の視点からのみ“朝鮮”を見る姿勢は誤っている。朝鮮文化は日本文化を説明するためにのみ利用されてはならない。その独立した歴史展開、さらに、古代の東アジア全体の国際関係の中への位置づけ、それをぬきにして朝鮮古代史への正しいアプローチはないと思う。そして、そうした観点からする歴史的探索・実証の上に、新たなる日本史、新たなるアジア史、さらに新たなる世界史像の形成がなされていくにちがいない。――<本書「原本あとがき」より>

目次

  • 第1章 初期の朝鮮
  • 第2章 原始国家の形成
  • 第3章 三国の興亡(1)
  • 第4章 三国の興亡(2)
  • 第5章 統一戦争
  • 第6章 統一新羅

製品情報

製品名 古代朝鮮
著者名 著:井上 秀雄
発売日 2004年10月09日
価格 定価:1,298円(本体1,180円)
ISBN 978-4-06-159678-8
通巻番号 1678
判型 A6
ページ数 312ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:1972年、日本放送出版協会より刊行されたものを原本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る