武士の家訓

講談社学術文庫
ブシノカクン
  • 電子あり
武士の家訓
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

乱世を生きた武将の体験にもとづく叡智の結晶、家訓。教養の深さと死生観念の鋭さとが表れたその教えには、武士の処すべき正しい道が説かれている。本書は、北条早雲、毛利元就、武田信繁、織田信長、豊臣秀吉、黒田如水、加藤清正、徳川家康ら23人の代表的家訓を現代語訳し、解説を施した。戦国の雄たちは、子孫や家臣に何を伝えようとしたのか。


元就・早雲・信長・秀吉・如水・清正・家康――
乱世を生きた武将たちの経験にもとづく教えとは

乱世を生きた武将の体験にもとづく叡智の結晶、家訓。教養の深さと死生観念の鋭さとが表れたその教えには、武士の処すべき正しい道が説かれている。本書は、北条早雲、毛利元就、武田信繁、織田信長、豊臣秀吉、黒田如水、加藤清正、徳川家康ら23人の代表的家訓を現代語訳し、解説を施した。戦国の雄たちは、子孫や家臣に何を伝えようとしたのか。

わが国においては、家を重んずる立場から、家法や家訓と称するものがたくさん作られた。それらの掟や教えは、家々を守り抜く力でもあり、生命でもあった。ことに、系統にかかわらず、世襲になずまず、力をもって自家の前途を開拓することによって、世を率い国を治めんとした武士の家においては、家法や家訓は、なくてはならぬものであった。――(本書「序説」より)

目次

  • 北条重時の家訓
  • 菊池氏の家訓
  • 朝倉氏の家訓
  • 武田信繁の家訓
  • 毛利氏の家訓
  • 北条氏の家訓
  • 島津氏の家訓
  • 織田信長の訓戒
  • 豊臣秀吉の訓戒
  • 蒲生氏の家訓
  • 黒田如水の教訓
  • 加藤清正の家訓
  • 徳川家康の教訓
  • 徳川光圀の教訓

製品情報

製品名 武士の家訓
著者名 著:桑田 忠親
発売日 2003年12月11日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-159630-6
通巻番号 1630
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:1944年、『武士の家訓』(創元選書刊)を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る