江戸幕末滞在記

講談社学術文庫
エドバクマツタイザイキ
  • 電子あり
江戸幕末滞在記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

王政復古直前に来日したデンマーク人が、フランス公使ロッシュの近辺で見聞した貴重な体験を綴る。将軍慶喜との謁見の模様やその舞台裏、横浜の大火、テロに対する緊迫した町の様子、また、日本人のきれい好きから悪習や弱点までも指摘。旺盛な好奇心、清新な感性、鋭い観察眼と洞察力。若き海軍士官が幕末日本の姿を鋭く鮮やかに描く。(講談社学術文庫)


旺盛な好奇心、鋭い観察眼
王政復古直前の日本を描く

ロッシュ付添武官の幕末見聞記

王政復古直前に来日したデンマーク人が、フランス公使ロッシュの近辺で見聞した貴重な体験を綴る。将軍慶喜との謁見の模様やその舞台裏、横浜の大火、テロに対する緊迫した町の様子、また、日本人のきれい好きから悪習や弱点までも指摘。旺盛な好奇心、清新な感性、鋭い観察眼と洞察力。若き海軍士官が幕末日本の姿を鋭く鮮やかに描く。

目次

  • 第1部
  • 1 日本へ
  • 2 横浜1
  • 3 横浜2〔本町〕
  • 4 横浜3〔岩亀楼〕
  • 5 横浜4〔横浜から下関へ〕
  • 6 横浜5〔日本人とその社会〕
  • 7 横浜6〔朝鮮よりふたたび横浜へ〕
  • 第2部
  • 1 兵庫への旅
  • 2 大坂訪問 日本の宗教
  • 3 大坂滞在 大君謁見、日本の演劇
  • 4 大君の宮廷
  • 帰国後のスエンソン

製品情報

製品名 江戸幕末滞在記
著者名 著:スエンソン,E. 訳:長島 要一
発売日 2003年11月11日
価格 定価:1,221円(本体1,110円)
ISBN 978-4-06-159625-2
通巻番号 1625
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:1989年2月、新人物往来社刊行の『江戸幕末滞在記』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る