古代出雲

講談社学術文庫
コダイイズモ
古代出雲
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1984年、出雲の弥生中期の遺跡神庭荒神谷(かんばこうじんだに)から大量の青銅器が発掘され、世間の耳目を聳動(しょうどう)させた。銅剣358本、銅鐸6個、銅矛16本、初の同時出土。古代の出雲には、どのような勢力が存在したのか。大和や吉備との関係は、どのようなものであったのか。考古学上の新発見と数多くの論考・新説を検討し直し、著者独自の視点から、鮮明な古代出雲像を提示する。

目次

  • 序章 荒神谷以後
  • 1.古代出雲をなぜ再論したくなったか
  • 2.荒神谷遺跡の大発見とわたくし
  • 1章 原イツモ国 荒神谷遺跡をめぐって
  • 1.出雲平野の村むら
  • 2.首長(=王)の出現
  • 〔付論〕加茂岩倉遺跡、随想三題――「出雲」の地名、銅鐸の絵、神話とのかかわり
  • 補説――「原イツモ国」の語について
  • 2章 原イツモ国の行方
  • 1.原イツモ国と『記』『紀』の記事
  • 2.出雲フルネ
  • 3.原イツモ国の終焉
  • 3章 イツモ王国
  • 1.出雲の古墳文化
  • 2.新説とその問題点
  • 3.イツモ王国の形成
  • 4章 イツモ王国の変質
  • 1.出雲に迫るヤマト勢力
  • 2.イツモ王国から出雲国造へ
  • 〔付論〕大三輪の神なびと出雲の神々――出雲国造神賀詞をめぐって
  • 3.出雲国造と部民制
  • 5章 出雲と律令制
  • 1.国造支配の変化
  • 2.出雲と出雲観の変化
  • 3.民衆の貢進物

製品情報

製品名 古代出雲
著者名 著:門脇 禎二
発売日 2003年01月09日
価格 定価:1,386円(本体1,260円)
ISBN 978-4-06-159580-4
通巻番号 1580
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:本書は、’87年に学習研究社から刊行された『検証 古代の出雲-荒神谷以後の古代出雲論を総括する』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス