現代の精神分析

講談社学術文庫
ゲンダイノセイシンブンセキ
  • 電子あり
現代の精神分析
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人のこころには広大な無意識の領野が潜んでいる! 20世紀の思想を根源から変革した精神分析。それは、始祖フロイトのどのような発想から誕生したのか? いかに隣接諸学をまきこんで、巨大な人間学として大成したか? フロイトから現代のエリクソン、クライン、ウィニコットへ、1世紀にわたる精神医学の冒険を、斯界第一人者が総展望する待望の書。


人のこころには広大な無意識の領野が潜んでいる!
20世紀の思想を根源から変革した精神分析。それは、始祖フロイトのどのような発想から誕生したのか? いかに隣接諸学をまきこんで、巨大な人間学として大成したか?
フロイトから現代のエリクソン、クライン、ウィニコットへ、1世紀にわたる精神医学の冒険を、斯界第一人者が総展望する待望の書。

目次

  • はじめに――精神分析とその発展
  • 【1】フロイト理論の全体像
  • 1 フロイトにおける根源的葛藤
  • 2 フロイトの理論モデル
  • a 力動―経済論モデル
  • b 生成―分析論モデル
  • c 発生―発達論モデル
  • d 力動―構造論モデル
  • e 不安―防衛論モデル
  • f 自己愛論モデル
  • 【2】フロイトからフロイト以後へ
  • 1 フロイト時代の諸学派
  • 2 アーブラハムにおける精神分析的精神病理学
  • 3 フェレンツィにおける母子関係―自我発達論とバリントの受身的対象愛
  • 4 ランクにおける出産外傷説
  • 5 ライヒの性格分析
  • 6 A・フロイトの自我と防衛機制の発達論的研究
  • 【3】フロイト以後の精神分析理論
  • フロイト以後の2つの流れ
  • 1 自我心理学の発展
  • a 精神分析的自我心理学とその特質
  • b 精神分析的自我心理学の流れ
  • c 発生―発達論的自我心理学
  • d 社会・文化論的自我心理学の流れ(エリクソン)
  • 2 対象関係論の発展
  • a 対象関係論とは
  • b 英国対象関係論の流れ
  • c 英国対象関係論の基本的観点

製品情報

製品名 現代の精神分析
著者名 著:小此木 啓吾
発売日 2002年08月09日
価格 定価 : 本体1,440円(税別)
ISBN 978-4-06-159558-3
通巻番号 1558
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:本書は’85年2月、弘文堂刊の『現代精神分析の基礎理論』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る