坂本龍馬

講談社学術文庫
サカモトリョウマ
  • 電子あり
坂本龍馬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

倒幕、大政奉還、新体制というシナリオまで描出しながら、歴史的転換点に立ち会うことなく、わずか33歳で刺客の手に倒れた坂本龍馬。その像はさまざまに伝えられる。民権派やデモクラシーの象徴として、海軍の先駆者として……。しかしはたしてそれらは実像であろうか。御国と皇国、徳川家と天朝など、新旧の価値が交錯する時代の精神を丹念に読み解き、龍馬像の真実に迫る。(講談社学術文庫)


幕末の英雄・龍馬の思想と生涯を捉えなおす三十余年の短い生涯ながら、幕末史に燦として輝く坂本龍馬。数多伝わるその人物像ははたして正しいか。文化史的・思想史的側面から龍馬の実像を探る異色の龍馬伝

目次

  • <序章> 移りゆく龍馬像のなかで
  • 龍馬の孤独について/民権派の先駆・龍馬?/海軍の先駆・龍馬?/デモクラシーの先駆・龍馬?
  • <第1章> 幕末の土佐
  • 権威の3つのレベル/「皇国」と「尊王」/黒船と土佐/町人郷士に生まれて/農村郷士・武市半平太
  • <2章> 容堂と勤王党
  • 諸侯の暗躍と山内容堂/安政の大獄/剣士から志士へ/土佐勤王党
  • <3章> 文久2年・勤王年 坂龍飛騰/東洋暗殺/脱藩/京へ
  • <第4章>  海軍への飛翔
  • 勝海舟との出会い/京の激動/神戸海軍操練所
  • <第5章> 薩長同盟
  • 楢崎お龍/甲子の戦争/薩長同盟
  • <第6章> 倒幕
  • 寺田屋/海援隊/奉還と倒幕/暗殺・その後

製品情報

製品名 坂本龍馬
著者名 著:飛鳥井 雅道
発売日 2002年05月10日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-159546-0
通巻番号 1546
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’75年に平凡社から刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る