成長のアジア 停滞のアジア

講談社学術文庫
セイチョウノアジアテイタイノアジア
成長のアジア 停滞のアジア
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代世界経済を牽引する巨大なアジア経済。かつて「脆弱(ぜいじゃく)で従属的」とさげすまれたアジアはなぜ活性化しえたのか?韓国・台湾などの東アジア、インドネシア・タイなどの東南アジア、バングラデシュなどの南アジア。それらの劇的発展と退行のメカニズムを明快・犀利(さいり)な分析により読み解き、アジアの時代としての21世紀を予示した吉野作造賞受賞作。

目次

  • 序章 情念のアジア 知のアジア
  • 1 現代アジアの経済発展をどう見るか――私のエイシアン・ドラマ
  • 2 圧縮された発展――インダストリアリズムの波及と受容
  • 3 アジア高成長圏への道――市場構造と日本の役割
  • 4 新興工業国家 光と翳――韓国経済発展の20年と課題
  • 5 ネオ・デュアリズム――東南アジア伝統社会の変容と相剋
  • 6 絶対的貧困の機構と構造――憂愁のベンガル
  • 補章 東アジア経済の新動態――アジア化するアジア

製品情報

製品名 成長のアジア 停滞のアジア
著者名 著:渡辺 利夫
発売日 2002年02月08日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-159533-0
通巻番号 1533
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る