プラトンの呪縛

講談社学術文庫
プラトンノジュバク
  • 電子あり
プラトンの呪縛
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【第9回読売論壇賞・第11回和辻哲郎文化賞受賞作】 第1次世界大戦後に訪れた民主主義の危機のなかで「精神の国の王」として甦り、さらにはナチズムにも利用された西欧思想の定立者・プラトン。彼は理想国家の提唱者なのか、全体主義の擁護者なのか。プラトンをめぐる激しい論戦を通して20世紀の哲学と政治思想の潮流を検証し、現代に警鐘を鳴らす注目作。(講談社文庫)


第9回読売論壇賞・第11回和辻哲郎文化賞受賞作

時空を超えて甦るプラトンの警告
極端な自由は極端な隷従に振れる

第1次世界大戦後に訪れた民主主義の危機のなかで「精神の国の王」として甦り、さらにはナチズムにも利用された西欧思想の定立者・プラトン。彼は理想国家の提唱者なのか、全体主義の擁護者なのか。プラトンをめぐる激しい論戦を通して20世紀の哲学と政治思想の潮流を検証し、現代に警鐘を鳴らす注目作。

目次

  • 序章 「プラトンはファシストだった!?」
  • 第1部 プラトンの政治的解釈
  • 第2部 プラトン批判の砲列
  • 第3部 プラトン論争の波紋――20世紀後半の「哲学と政治」

製品情報

製品名 プラトンの呪縛
著者名 著:佐々木 毅
発売日 2000年12月08日
価格 定価:1,298円(本体1,180円)
ISBN 978-4-06-159465-4
通巻番号 1465
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’98年2月、講談社より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る