葛城と古代国家

講談社学術文庫
カヅラキトコダイコッカ
葛城と古代国家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

統一王朝大和朝廷が成立する以前、大和には倭国(やまとのくに)と葛城国(かづらきのくに)が存在していた。百済からの渡来人、蘇我氏とその一族が定着した地、海外の新文化の流入路で数多くの古墳が残る葛城は、どのような国だったのだろうか。考古学の成果と諸史料の綿密な検討によって、その支配の実態と大和との関係を系統的に解明する。
《付》河内王朝論批判

目次

  • 1 「倭国」と「葛城国」
  • 2 西方からの息吹
  • 3 葛城の垂見宿禰
  • 4 首長墓の出現──馬見丘陵の古墳──
  • 5 ソツヒコと葛城首長家の系流
  • 6 葛城首長家の支配体制──葛城の古墳──
  • 7 葛城と河内──河内王朝(政権)論批判──
  • 8 葛城首長家の滅亡
  • 9 葛城の変貌
  • 10 葛城の天皇陵

製品情報

製品名 葛城と古代国家
著者名 著:門脇 禎二
発売日 2000年05月10日
価格 定価:1,067円(本体970円)
ISBN 978-4-06-159429-6
通巻番号 1429
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:本書は、’84年9月(株)教育社刊行『葛城と古代国家』を底本とした。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス