戦争論

講談社学術文庫
センソウロン
戦争論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第1次・第2次大戦から湾岸戦争まで
20世紀の世界戦争は現代思想をどう変えたか

20世紀の戦争は地球を覆う全面戦争と化し、世界を1つの運命共同体とした。冷戦終結後も湾岸戦争に見られたように、戦争は従来の国家の枠を超えて世界化する。一地域の抗争があらゆる国の利害を絡め、いかなる国をもその局外に立たせないのである。クラウゼヴィッツからバタイユ、レヴィナスへと戦争の思考をたどり、臨界に達した西欧近代の〈黙示録後〉の世界を現代史の時間軸に沿って考察する。

製品情報

製品名 戦争論
著者名 著:西谷 修
発売日 1998年08月10日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-159342-8
通巻番号 1342
判型 A6
ページ数 302ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 『戦争論』’92年10月に岩波書店より刊行。

書店在庫を見る