虫の思想誌

講談社学術文庫
ムシノシソウシ
虫の思想誌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

熱帯などの知らない土地で、次から次へと思いもかけぬ形態と色彩を持った虫を採る時ほど無上の喜びを覚えることはない……。全世界に数百万種といわれる昆虫の世界の尽きせぬ魅力を語りつつ、ウォレスやファーブル以来の<虫と人>との関わりの歴史を説く。多様性を重んじる構造主義生物学の視角から、いまだにダーウィン進化論の影響を抜け出せない現代のネオダーウィニズムを鋭く批判した好著。

製品情報

製品名 虫の思想誌
著者名 著:池田 清彦
発売日 1997年06月10日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-159284-1
通巻番号 1284
判型 A6
ページ数 220ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 『昆虫のパンセ』の表題で1992年2月、青土社より刊行

おすすめの本

書店在庫を見る